栃木県壬生町にある国際基準のカイロ治療院 シャロームカイロプラクティック

寒いと坐骨神経痛がひどくなる。
2013/01/22
最近は天気予報でも雪マークを見ることが出てきましたね。
まだまだ寒い日は続きそうです。

さて、寒いと坐骨神経痛がひどくなると言う方が出てきますが、これは寒いと筋肉が硬くなるせいで多くなるのです。

何故筋肉が硬くなると坐骨神経痛がひどくなるかと言うと、坐骨神経と言う神経は梨状筋と言うおしりの筋肉の下、または間を通っているので、寒くなり梨状筋が硬くなると坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛がひどくなるという事があるのです。

この梨状筋も、シャロームカイロで骨盤や股関節のバランスを取ったり、動きをつけたりなどの矯正を行うことで、硬くなるのを防ぐことも出来ます。
夜中に足がつる!
2013/01/15
昨日の大雪は大変でしたね。
私自身運転中に隣の車が横滑りしているのを見て焦りました。

さて「夜中に明日つる」ですが、これにはいくつか原因がありまして、閉塞性動脈硬化症、脊柱間狭窄症、肝硬変、これらの病気で足がつることもありますので、まずこれらの病気を除外することも必要になってきます。
脊柱間狭窄症に関してはシャロームで改善することは可能です。

そして、単純な原因として一つ目は水分不足。
夏などは逆に注意するのですが、冬になるとトイレが近くなるなどの理由で夜の水分摂取を控える人が多くなります。
そのため夜中に足がつることが多くなります。
そして二つ目の原因が疲労などにより、筋肉がパンパンになってしまうこと。
これに関しては、筋疲労もそうなのですが、筋肉の腱の部分にある腱紡錘と言うものが関係してきます。

普通筋肉が硬くなると、腱紡錘が反応して筋肉が必要以上に硬くなるのを防ぐのですが、疲労が溜まってしまったり、女性ですとホルモンの影響などで腱紡錘がうまく働かなくなってしまうことがあります。

このような方は腱紡錘が正常な働きを出来るようにしてあげれば夜中に足がつることも無くなるのです。
スマホで首こり、肩こり、頭痛、更には腰痛に!?
2013/01/11
今は殆どの方がスマホを利用していますね。
かく言う私もスマホ利用者です。

さて今回のタイトルですが、スマホを利用している人が全員首肩のこり、頭痛、腰痛が出るわけではありません。
では何故スマホで首肩の凝り、頭痛、腰痛になるかですが、順を追って説明します。

まず、スマホでインターネットなどを利用するときの姿勢を創造してください。 
普通の方は下を向いて利用していますよね?
そうです。その姿勢がこのような症状の原因になっているのです。

最近整形外科でも言われていることなのですが、この下を向いた姿勢を長時間続けていると、首がストレートネックと言う状態、つまり首の骨が正常な前弯を描かずにまっすぐになってしまうのです。

するとどうなるかと言うと、常に首が前に出た姿勢になり、首の筋肉が頭を支えるために常に働いた状態で、どんどん硬くなっていきます。
すると上を向くのが辛くなったり、首の関節にも負担がかかり頭痛が出たり、肩まで凝ってしまうのです。

ひどい人は頚椎ヘルニアになる可能性もあります。

そしてストレートネックになっちゃった人は大体猫背です。
猫背だと腰にも負担がかかり腰をそらすのが辛い、立ち上がると腰が伸びないなどの症状を訴えます。

ではそうなる前にどうすればいいのかと言うと、一つはインターネットを長時間やらないのが一番ですね(笑)
そして、30分ごとに少し休憩を入れて、家事をやったり散歩をしたり、視線を前に向けるような動きを入れるのが一番いいです。

ただ、もうすでに首も肩も凝っちゃって頭痛も腰痛も出ちゃっている人は、シャロームカイロにご連絡ください。
責任持って辛くなる前に状態に戻します♪
正月明けはぎっくり腰が多い?
2013/01/05
明けましておめでとうございます。
新春と言ってもまだまだ寒い時期が続きますね。

さて、お正月明けはぎっくり腰が多いのは何故でしょうか?と言う質問をいただきました。

それは「こたつ」と言う日本の文化のせいだと思います。
あぐらや座椅子などで腰を丸めて姿勢でずっと同じ姿勢でいる。この事が腰の関節や筋肉、そして椎間板に凄く負担をかけてしまいます。

そのためにちょっとした動きで突然ぎっくり腰になっちゃうことが多いんです。

ついでに言うと、ぎっくり腰って医学的に言うと急性腰痛、または腰椎捻挫って言うんです。

腰の捻挫ですね。

ですが捻挫だけではなく、筋肉もおかしくなることがありますし、椎間板に傷をつけちゃうこともあるんです。

シャロームにいらっしゃる患者さん達の中にも椎間板を痛めちゃった方は多いんです。

ぎっくり腰でも腰の関節の捻挫、筋肉の問題なら2〜3回で改善するんですが、椎間板を痛めちゃうと少し時間がかかっちゃうんです。

それなので、こたつに長時間同じ姿勢で座ってるってのは避けてください。

また長時間猫背で座ってると肩も凝っちゃいます。
良い事は無いので出来る限り椅子の生活で、背筋を伸ばして生活してください。

背筋を伸ばしていられない。ってなったらシャロームにご連絡ください。
デスクワークで腰や肩が痛くなる。
2012/12/26
今日から冬の大寒波で、栃木県でも最低気温が7℃なんて所もあるみたいですね。

デスクワークや立ち仕事で、力仕事をしてるわけでもないのに肩や腰が痛くなってしまう方って多いですよね。
それは何故かと言うと、人の体と言うのは一時的にくる強い負担には割りと強く出来ています。(事故などのムチウチは負担が強すぎるのですが。)
デスクワークや立ち仕事など、弱い負担が持続的にかかることによって体はものすごくバランスを崩してしまうのです。
ずっと頭が下を向いていれば頭を支えるために首や肩の筋肉はガチガチになりますし、猫背であれば背中や腰の筋肉もガチガチになります。
また、立ち仕事でも同じです。

マッサージなどでも軽くはなりますが、深いところの筋肉までガチガチになってしまうと、マッサージだけでは取り切れなくなってしまいます。

そのときだけ気持ち良い。では無く深部筋まで緩めて、持続的に楽な状態にしていきたいですね。

あとは正しい姿勢で仕事に臨めば持続的な弱い負担も減らせると思います。

どうしたら楽になるの?どう言う姿勢が正しい姿勢?
って思った方は当院:シャロームにお尋ねください。
辛い首こりと頭痛
2012/02/09
まだまだ冬の寒さが抜けないですね。 東京では先日春一番がふいたらしいです。

寒い時期は肩こりだけじゃなく、首がこって仕方ないって方も多いです。
首がこって辛いって方、まずは単純に首が冷えているってパターンが多いです。外出時にマフラー、ネックウォーマー、スカーフ何でも良いので、首を冷やさないようにしてみてください。 
特に若い女性などは首を冷やしている方を多く見かけます。 そういう方を見ると首と肩大丈夫かなぁなどと要らぬ心配をしてしまいます(汗)。 
もちろん冷えているだけではなく、デスクワークなどのお仕事でも首や肩に負担がかかって、カチカチになっている方も多いと思います。 更に頭痛まで出ちゃって吐き気もする。って言う方も多いと思います。 
筋肉は冷やすと硬くなってしまうので、この時期は季節的な寒さも重なって更に辛くなっていることでしょう。 まずはお風呂に肩まで浸かってしっかり10分温めてあげてください。(筋肉は暖めて緩めるためには最低10分かかります。) それでも取れない方は、もう関節のバランスや動きが悪くなっていたり、暖めるだけでは緩まないくらい筋肉が硬くなっているのかもしれません。 そのような方は是非シャロームカイロにお電話ください。 関節も筋肉もしっかりと緩めていきます。 

ちなみに私は外出時やアベルと外で遊ぶときには必ずネックウォーマー着用です(笑)
立ち仕事で腰が辛い
2011/11/18
だんだん寒くなってきましたね。 いよいよ冬が近づいていることを実感する今日この頃です。

立ち仕事で腰が辛くなるという方が結構多くいらっしゃいます。 いくら腰のマッサージを受けてもすぐに痛くなっちゃう。

そんな方はもしかすると太ももの前と横の筋肉がガチガチなのかもしれません。
太ももの前と横の筋肉をしっかり緩めてあげればそれだけで腰痛がかなり改善するかもしれません。

そこを緩めても腰痛が変わらない、緩め方が分からないという方はシャロームにご相談ください。
ムチウチをやってから頭痛がするように・・・。
2011/10/22
最近めっきり肌寒くなりましたね。 
皆さん風邪を引かないように気を付けて下さい。

ムチウチをしてから頭痛がするようになってしまった方って結構多いですよね。

もちろんムチウチをした日や次の日などしばらくは脳が揺らされたりする影響で、頭痛や吐き気が出ることは良くあります。

ですが、「3ヶ月以上前にムチウチをやってからしょっちゅう頭痛が出るようになったんです。」とか「何年か前にムチウチをやってからよく頭痛がするようになったんです。」
そんな方は、もう脳が揺らされてとか首の捻挫をして・・・、とかは関係ないですね。

ムチウチと言うのは、首の関節の捻挫+前後(または左右)の筋肉を同時に損傷してしまう事を言うんです。 

炎症が起きた部位と言うのは少なからず癒着などを起こしてしまいます。 
そのために首の関節の動きが制限されてしまったり、筋肉に硬結と言われる硬いコリコリが出来てしまったりするんです。

そのような方はマッサージとかへ行って首のコリコリだけを取っても大分楽にはなると思います。

ですが、関節の動きの悪さなどが残っていると、筋肉ってまたすぐに硬くなっちゃうんですよね。

もちろんシャロームでは関節の動きの硬さも、首の筋肉のコリコリなども同時にとっていきますので、楽になるのも早いと思います。 

<患者さんの声>などにもムチウチ経験者の方の感想などが載っているので、気になった方は除いて見て下さいね。
肩こりからの頭痛
2010/10/27
例年よりは暖かかったですが、今朝から急に寒くなりましたね。 
今は中禅寺湖の紅葉は見ごろです。 もみじラインの紅葉はまだまだです。

話は逸れましたが、寒くなると首筋が冷え、首から肩にかけての筋肉がとても硬くなりやすくなります。
そして寒くなると、前かがみで肩をすくめた姿勢などもすることが多くなります。 その姿勢は肩こりを誘発したり、元から肩こりのある人は肩こりを悪化させる原因にもなります。

この次期に偏頭痛が多くなる方や、目の奥、頭全体の頭痛、後頭部の頭痛などが出る方は、肩こりが原因で頭痛が出ていることが多いです。 

寒くて肩をすくめてしまうのはある程度仕方ありませんが、ネックウォーマーやマフラー、スカーフなどを使って首を冷やさないように気をつけてください。

偏頭痛が出てしまっている方は例外ですが、必ずお風呂で10分以上温まってください。 筋肉を暖めて緩めるためには最低でも10分以上暖めなければ効果は半減します。 長い入浴が苦手な方は、薬局などでレンジでチンして肩などを暖めるものが売っていますので、それを利用するのもいいと思います。

もちろんその肩こりや頭痛を根本から治してしまいたいという方はお気軽にシャロームにご相談してください。 体のバランスや筋肉が硬くなりやすい原因、頭痛を引き起こしている原因をしっかり検査して治療してしまいたいと思います。 もちろんシャロームには肩こりからの頭痛で来院している方達も沢山いて、改善しています。


P.S 
25日の月曜日に中禅寺湖や、もみじラインで紅葉を見てきました。
もみじラインの途中のハンターマウンテンではシャロームの看板犬のアベルも一緒にゴンドラに乗ってきました(笑) 
夏バテと睡眠とアルコール
2010/09/10
皆さん夏バテ、または夏の疲れでぐったりしていませんか?
ナトリウム、カリウムなどのミネラルを摂ると良い、水分をしっかり取りましょう。なんてのはどこでも言っているので、シャロームでは違う視点で見ていきますね!

夏ばてには少し昼寝をしたりなど、睡眠がすごく重要になってくるんです。

夏は暑かったのでビールを飲んで寝る方も多かったんじゃないですかね?
暑いからビールを飲んで寝る。これって実は睡眠を浅くさせちゃうんですよ。 
お酒を飲んだ次の日は朝起きても頭がすっきりしない。疲れが取れていないなんてことも経験がありますよね? 
アルコールって眠気を誘いますが、睡眠はすごく浅くなるんです。 レム睡眠とかノンレム睡眠って聞いたことありますか? レム睡眠と言うのは、脳が起きている状態にすごく近い状態(夢を見るのもこの睡眠のときです。)。 ノンレム睡眠と言うのは脳もしっかり休んだ状態です。
アルコールを飲むとレム睡眠の状態がずっと続くので脳が休まらずに次の日も頭が疲れてだるい状態になるのです。

それとアルコールにはおしっこを出しやすくする作用があるので、体の中が水分不足になりからだの疲れも取れにくくなります。

夏バテ防止には睡眠が重要なのに、アルコールを飲むことで夏バテしやすい体になっちゃうんですよね!
と言うことで、皆さん暑いからってお酒の飲みすぎには注意しましょう!

それと、血圧が高めと言う方でも、夏に一日一粒くらいの梅干は食べるようにしたほうがいいですよ。 汗で塩分が体からどんどん出て行っちゃいますから。

色々夏バテ防止をしているのに体の疲れが取れないという方は、体のバランスが色々と崩れているかもしれません。 一度シャロームの治療を受けてみてください。
前ページTOPページ次ページHOMEページ
受付時間と料金
お問い合せ
アクセスマップ
サイトマップ
リンク集
営業カレンダー